Cocktail Recipes
カクテルレシピ

ウォッカのカクテルレシピ一覧Vodka

ウォッカ
ウォッカ
小麦やとうもろこしなどの穀類を蒸留後、白樺の皮で濾過して作った4大スピリッツの一つ。無味無臭に近くクリアな味が楽しめる。
1 - 10 of 78
  • 材料分量
    ドライ・ジン30 ml
    ウォッカ20 ml
    パルフェタムール10 ml
    ガーニッシュ (飾り)分量
    グリーン・ミント・チェリー(※ 底に沈める)1 個
    技法
    シェイク
    グラスカクテルグラス
    アルコール度数 強い(25度以上)
    中甘辛口
    タイプショートドリンク
    好み★★★★☆
    名前は宝石のアメジストのこと。薄田恒氏の創作。1964年のサントリーカクテルコンペティションジンの部 優勝作品。パルフェタムールの香りが仄かに漂っている。少し甘めで飲みやすい。
    Jan 17, 2022
  • 材料分量
    ウォッカ40 ml
    カルーア20 ml
    技法
    ビルド
    グラスオールドファッションドグラス(ロックグラス)
    あり
    アルコール度数 約 30 %
    ブラウン (琥珀色)
    甘口
    好み★★★★★
    コーヒーリキュールの香りと甘い風味が特徴。アルコール度数の高さにも関わらず、甘口で飲みやすいカクテル。
    May 10, 2020
  • 材料分量
    ウォッカ40 ml
    カルーア20 ml
    生クリーム(※ 生クリーム以外の材料をかき混ぜた後に浮かせる。)10 ml
    技法
    ビルド
    グラスオールドファッションドグラス(ロックグラス)
    あり
    アルコール度数 約 30 %
    ブラウン (琥珀色)
    甘口
    好み★★★★☆
    Step 1氷を入れたグラスにウォッカとカルーアを注ぎ、かき混ぜる。
    Step 2最後に上から生クリームを浮かせる。
    「ブラック・ルシアン」に生クリームをフロートしたバリエーション。「ブラック・ルシアン」に生クリームのクリーミーさと甘みが加わった味わい。「ルシアン」はロシア人を指す英語で、材料にウォッカが含まれていることに由来。
    May 10, 2020
  • 材料分量
    ウォッカ30 ml
    コアントロー15 ml
    クランベリージュース15 ml
    ライムジュース1 tsp.
    技法
    シェイク
    グラスカクテルグラス
    アルコール度数 約 20 %
    中甘辛口
    タイプショートドリンク
    好み★★★★★
    名前は「全世界共通」や「国際人」という意味で、現在では世界的に有名になったカクテル。アメリカの大人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で主人公のキャリーが愛飲していたカクテルで、海外でも日本でも女性に人気。マティーニの種類のひとつ。美しい赤色が特徴的。フルーティで口当たりも良くて飲みやすく、味のバランスが取れた一杯。
    Sep 14, 2020
  • 材料分量
    ウォッカ30 ml
    パッソア15 ml
    コアントロー15 ml
    ライムジュース1 tsp.
    技法
    シェイク
    グラスカクテルグラス
    アルコール度数 強い(25度以上)
    中甘辛口
    タイプショートドリンク
    好み★★★★☆
    瑞々しくシャープな風味に仕上がり。スタンダードカクテルの「コスモポリタン」のアレンジレシピ。
    Sep 27, 2020
  • 材料分量
    ウォッカ45 ml
    パイナップルジュース適量(90ml)
    クランベリージュース適量(30ml)
    技法
    ビルド
    グラスタンブラー
    あり
    アルコール度数 約 10 %
    中口
    タイプロングドリンク
    T.P.Oオールディ・カクテル
    好み★★★☆☆
    アメリカで人気のあるジューシーなカクテル。フルーティな味わい。ソフトドリンク感覚でとても飲みやすい。
    Oct 4, 2020
  • 材料分量
    ウォッカ30 ml
    フランボワーズリキュール15 ml
    ライムジュース15 ml
    ブルーキュラソー1 dash
    技法
    シェイク
    グラスカクテルグラス
    アルコール度数 約 12 %
    中甘口
    タイプショートドリンク
    好み★★★★☆
    甘酸っぱい味わい。木イチゴのリキュールのフランボワーズ・リキュールを使った代表的なカクテル。
    Oct 4, 2020
  • 材料分量
    ウォッカ30 ml
    パッソア15 ml
    グレープフルーツジュースFull up (60ml)
    ブルーキュラソー(※ 最後に沈める)1 tsp.
    技法
    ビルド
    グラスタンブラー
    あり
    ピンク
    タイプロングドリンク
    好み★★★☆☆
    Step 1氷を入れたグラスにウォッカとパッソアとグレープフルーツジュースを注ぎ、かき混ぜる。
    Step 2最後にブルーキュラソーを上から沈める
    トロピカルでスッキリとした味わい。淡いピンクとブルーのグラデーション。
    Feb 21, 2021
  • 材料分量
    ウォッカ45 ml
    ホワイト・ミントリキュール15 ml
    技法
    シェイク
    グラスカクテルグラス
    アルコール度数 約 30 %
    透明
    中甘口
    タイプショートドリンク
    T.P.Oディジェスティフ(食後酒)
    好み★★★☆☆
    シンプルにウォッカとペパーミントの香りを楽しめ、気分がすっきりとする爽やかなカクテル。ベースをブランデーに帰ると「スティンガー」になる。
    Mar 7, 2021
  • 材料分量
    ウォッカ50 ml
    ライムジュース10 ml
    技法
    シェイク
    グラスカクテルグラス
    アルコール度数 約 35 %
    ドライ(辛口)
    タイプショートドリンク
    好み★★★★☆
    名前は両手で持って振り下ろす大きな金槌という意味。酒を飲みなれていないと、ガツンとくるような効きの強さから命名された。酸味があって、かなり強い口当たり。
    Mar 20, 2021
1 - 10 of 78

ウォッカを探す

スミノフ ウォッカ
スミノフ ウォッカ
40度 [750ml] / 活性炭ろ過による澄んだ味わいが特徴。まろやかでスムースな円熟したテイスト。クリアでバランスのとれた味わいにより、幅広いカクテルレシピに使える。19世紀にロシア皇室御用達の栄誉を受けた、正統派プレミアム・ウオッカ。
ピナクル ウォッカ
ピナクル ウォッカ
40度 [750ml] / フランス産の小麦と湧き水を使用し、5回蒸溜でつくられたフランスのウォッカ。クリーンな味わいと、やさしい甘み、まろやかで柔らかい口あたりが特徴。クセがなくアレンジしやすい。
スカイ ウォッカ
スカイ ウォッカ
40度 [750ml] / 厳選された穀物と純粋な濾過水を使用し、独自の4回蒸溜、3回濾過の工程を経て造られている。クリアでスムースな味わいで、カクテルベースとして使いやすい。青空をイメージしたコバルトブルーのボトルが印象的。
ズブロッカ
ズブロッカ
37.5度 [700ml] / ポーランド産のウォッカ。滋養強壮や精力増強効果があると言われている貴重な薬草のバイソングラスが使われている。ビヤリストック蒸留所で7回蒸留。チャコール(炭)、セルロースに加え「プラチナ」を使ったフィルタレーション。まろやかで、より雑味のないクリアな味わい。
ストリチナヤ ウォッカ
ストリチナヤ ウォッカ
40度 [750ml] / ロシア生まれのプレミアムウォッカ。良質な穀物と天然の温泉水から造られる。石英砂と白樺炭による4回のろ過。滑らかな口当たりとすっきりとした味わい。スムーズでシルキーな口当たりと豊かな香り、ほのかにスパイシーさを感じる。
フィンランディア
フィンランディア
40度 [700ml]フィンランド産のプレミアムウォッカ。美しい自然環境と伝統的な蒸溜技術を使い、高純度の天然氷河水と白夜の国フィンランドの穏やかな日光を浴びた最上級の六条麦で製造される。味や香りの障害となる油分が抑えられた麦由来のクリアで切れの良い味わい。
ギルビー ウォッカ
ギルビー ウォッカ
37.5度 [700ml] / 白樺活性炭を使用した濾過製法。高さ35mの連続式蒸留機で2回の蒸留を重ね、原料のアルコールに磨きをかけ、雑味を取り除かれる。クリアでスムースな味わいが特徴で、カクテルに使いやすい。お手頃な価格。
ウィルキンソン ウォッカ
ウィルキンソン ウォッカ
40度, 50度 [720ml] / 原料のトウモロコシと大麦をアルコール度数85度以上で蒸留し、白樺炭でじっくりと丁寧にろ過することで、軽やかな味わいとなめらかな飲み心地を両立。ほのかに甘く、まろやかですっきりとした後味が特徴。お手頃な価格。
スピリタス
スピリタス
96% [500ml] / ポーランドで製造されているウォッカ。世界最高のアルコール度数を誇る酒。ライ麦や大麦、ジャガイモなどを原料として、70回以上もの蒸留を繰り返すことで、成分のほとんどが純粋なエタノールとなる。線香の火程度でも引火するため、喫煙を含め火気厳禁。