Cocktail Recipes
カクテルレシピ

水のカクテルレシピ一覧Water

ミネラルウォーター
ミネラルウォーター
硬水はミネラルが多く含まれ、不足しがちなミネラルを補える。軟水はミネラル分の溶解が少なくなめらかな味わい。
1 - 10 of 18
  • 材料分量
    ドライ・ジン45 ml
    シュガーシロップ1 tsp.
    熱湯Full up (90ml)
    技法
    ビルド
    グラス耐熱グラス
    なし
    アルコール度数 普通(9度〜24度)
    透明
    中甘口
    タイプホット
    好み★★★★☆
    「ジン・スリング」をホットにすると、甘みが増していて、ジンの風味もしっかりと味わえる。
    Jan 7, 2024
  • 材料分量
    ダーク・ラム45 ml
    角砂糖1 個
    熱湯90 ml
    バター(無塩)(※ 浮かべる)10 g
    アレンジ 追加材料分量
    蜂蜜2 tsp.
    ガーニッシュ (飾り)分量
    シナモンスティック1 本
    技法
    ビルド
    グラス耐熱グラス
    なし
    アルコール度数 普通(9度〜24度)
    ブラウン (琥珀色)
    中甘辛口
    タイプホット
    好み★★★★☆
    溶けたバターのコクのある香りとラムの香りが湯気にのって立ち上がり、体が芯から温まるカクテル。
    Jun 5, 2021
  • 材料分量
    ダーク・ラム60 ml
    蜂蜜20 ml
    熱湯120 ml
    バター(無塩)(※ 浮かべる)10 g
    技法
    ビルド
    グラス耐熱グラス
    なし
    ブラウン (琥珀色)
    甘口
    タイプホット
    好み★★★★☆
    蜂蜜とバターの甘みとダーク・ラムの風味が合わさったホットドリンク。
    Jun 19, 2021
  • 材料分量
    バーボン・ウィスキー45 ml
    シュガーシロップ10 ml
    90 ml
    バター(無塩)(※ 浮かべる)10 g
    技法
    ビルド
    グラス耐熱グラス
    なし
    ブラウン (琥珀色)
    中甘辛口
    タイプホット
    好み★★★★☆
    バーボンの風味がバターでまろやかになっている。
    Jun 19, 2021
  • 材料分量
    フランボワーズリキュール30 ml
    ピーチリキュール15 ml
    カルピス15 ml
    60 ml
    技法
    ビルド
    あり
    甘口
    タイプロングドリンク
    T.P.Oディジェスティフ(食後酒)
    好み★★★★★
    とても甘口で飲みやすく、アルコールを感じさせない。
    Jul 11, 2021
  • 材料分量
    ミスティア30 ml
    カルピス15 ml
    60 ml
    技法
    ビルド
    グラスタンブラー
    あり
    甘口
    タイプロングドリンク
    T.P.Oディジェスティフ(食後酒)
    好み★★★★☆
    甘くてフルーティな味わい。
    Mar 6, 2022
  • 材料分量
    ピンクグレープフルーツリキュール30 ml
    カルピス20 ml
    ソーダ80 ml
    技法
    ビルド
    グラスコリンズグラス
    あり
    アルコール度数 弱い(8度以下)
    甘酸っぱい
    タイプロングドリンク
    好み★★★★☆
    甘酸っぱさが印象的なカクテル。カルピスの酸味、ピンクグレープフルーツの豊かな香りがマッチし、奥深い味わい。
    Jan 30, 2022
  • 材料分量
    アブサン30 ml
    角砂糖1 個
    (※ よく冷やしておく)Full up (150ml)
    技法
    ビルド
    グラスアブサングラス
    なし
    アルコール度数 約 11 %
    中甘口
    好み★★★★★
    Step 1アブサンを注いだグラスの上に、角砂糖を1個のせたアブサンスプーン(穴あきスプーン)を置く。
    Step 2角砂糖の上から、よく冷えた水を5〜7滴ずつ、ゆっくり垂らしていくのを繰り返す。
    アブサンの伝統的な飲み方。アブサン・ドリップには、穴の開いた「アブサンスプーン」という専用アイテムを使う。アブサンに含まれるハーブの精油が水と反応して白濁し、とても神秘的な色合いに変わる変化が大きな魅力。薬草特有の苦味が緩和されて飲みやすい。アブサン本来の味や香りを楽しめる飲み方。アブサンスプーンが手元にない場合はフォークで代用。
    Oct 1, 2022
  • 材料分量
    アブサン(※ チェコのアブサンがおすすめ)30 ml
    角砂糖1 個
    (※ よく冷やしておく)Full up (150ml)
    技法
    ビルド
    グラスアブサングラス
    なし
    アルコール度数 約 11 %
    中甘口
    好み★★★★☆
    Step 1アブサンを注いだグラスの上に、角砂糖を1個のせたアブサンスプーン(穴あきスプーン)を置く。
    Step 2角砂糖にアブサンを染み込ませ、角砂糖に火を点けて、ある程度燃やす。
    Step 3角砂糖がある程度溶けたら、燃やした角砂糖の上からよく冷えた水を少しずつ垂らし、3~5倍程希釈する。
    Step 4アブサンスプーンを使用して攪拌する。
    1990年代後半に、チェコのアブサンメーカーの営業マンが流行らせたスタイル。砂糖が溶けながらグラスの中に落ちていく様子が楽しめる、神秘的でロマンティックな飲み方。穴の開いた「アブサンスプーン」という専用スプーンの上に、アブサンを染み込ませた角砂糖を置いて火を点け、焦げ付かない程度に燃やしたら水を一滴づつゆっくりと垂らして加水。着火するとアブサンの香りと風味が飛んでしまうことから、伝統的なスイスやフランスのスタイルでは火を点けない。あくまでパフォーマンス的なもので、質の良い美味しいアブサンではやらない方が良さそう。甘みを加えて加水したことにより特有の苦味が緩和され、飲みやすい。
    Oct 16, 2022
  • 材料分量
    アブサン30 ml
    (※ よく冷やしておく)Full up (150ml)
    技法
    ビルド
    グラスアブサングラス
    なし
    アルコール度数 約 11 %
    中口
    好み★★★★☆
    アブサンを水割りにすることで、薬草特有の苦味が緩和されて飲みやすい。アブサンに含まれるハーブの精油が水と反応して白濁し、とても神秘的な色合いに変わる。アブサンと水を1対5の割合で合わせるのがおすすめ。
    Oct 16, 2022
1 - 10 of 18